【北海学園大学】経済学部の評判とリアルな就職先


こんにちは!
今回は北海学園大学「経済学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。

北海学園大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は北海学園大学のパンフレットを請求してみて下さい。ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。

マイナビ進学を使えば、北海学園大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも北海学園大学「経済学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。

北海学園大学のパンフレットを請求

それでは、さっそく北海学園大学「経済学部」の評判について見ていきましょう!
今回インタビューをした方は北海学園大学「経済学部」経済学科の卒業生です。

関連記事
北海学園大学の全体的な評判

北海学園大学「経済学部」の評判まとめ

北海学園大学「経済学部」の偏差値と入試難易度

◇経済学部
…偏差値45

北海学園大学経済学部の難易度は釧路公立大学経済学部の少し下、北星学園大学経済学部の少し上くらいです。

一緒に受けた友人の7割が落ちてしまい多くの友人や同級生は北星学園大学経済学部、経済法学部に多くが行きました。また、受かった友人は同じ経済学部に進む人が多く次に経営、少数が法学部に進学しました。

北海学園大学を蹴った人というのは僕の周りにはいませんでした。経済学部は北海学園大学の中でも真ん中辺りの難易度であり留年する人はごく僅かでした。

北海学園大学「経済学部」の志望理由

私が北海学園大学経済学部を志望した理由は、僕は高校生の頃から公務員を目指しており道内で多くの公務員を出している大学が北海学園大学だったためそこに決めました。

学力的にも国公立大学は手が届かず、だけども私立では1番だった北海学園ならということもありました。また、実家から通える距離でもあり交通の面でもJRと地下鉄だけで通うことができ、地下鉄から直結といった不自由なく通えるという点も大きな一因でした。

親の母校ということで勧められたというのもあります。実際に公務員対策が非常に優秀であり進学して良かったなと卒業した今とても思います。現役時は落ちてしまいましたが、その後のサポートもあり浪人1年目で志望していたところに内定が決まりました。

北海学園大学「経済学部」に入学してから感じたギャップ

私が北海学園大学経済部に入学してから感じたギャップは、女子生徒の少なさです。華やかな生活をイメージしていましたが、男性の割合が多く理想とは違っていました。ほぼ、男友達と行動することが多く一部の女性やサークルの女性とは仲良く話しましたが、学部の7割方の女性は名前も知らずに終わりました。

他には校舎が街中にあり大きな割にクーラーが教室についておらず、夏はかなり暑苦しい中の授業で高い学費を払っている割にクーラーもないのかと思いました。

北海学園大学「経済学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判

世間からの評判

よく、北の早稲田とも言われる大学で道内私立大学ではトップなため世間受けは良いです。なので、親世代の方と接する際大学名を名乗ると良い反応が返ってくるとが多かったです。

反面遊んでる学生も多いという印象もよく持たれました。なので、同じ年代の方に大学名を名乗るとチャラいなどと勝手なイメージをつけられることが多くありました。高校と大学が同じ敷地内にあり、道内色んな地方から人が集まっていることから北海道では人気の大学です。

内部生からみた評判

経済学部は、なんとも言えないごく普通な学部という立場です。難易度でいけば真ん中くらいであり、単位取得も難しくはないが勉強しなければ取れないといったレベルであまり目立つことのない立ち位置です。ただ、卒業論文を書かなくて良い唯一の学部であったことから卒業のしやすさという部分では良かったと思います。

学生の傾向としては、わりかし地味な人が多いなという印象です。文系らしく華やかな生活ではなく目立つことをあまり行わず他人の目線を気にする人が多いのかなと思います。大学の中では真面目な印象を持たれることが多いです。

北海学園大学「経済学部」のそれぞれの学科で勉強すること

北海学園大学経済学部には2つの学科がありました。1つは経済学科です。経済学科では、主に二次関数を使ったミクロ経済学やマクロ経済学を学び経済の動き、お金の動きなどを学びます。公務員試験とも被る内容が多く勉強したい人が集まります。また、経済学者の考え方や経済の歴史についても学び暗記系に強い人が単位取得に有利といった特徴があります。

もう1つの学科は、地域経済学科です。この学科は地域がどのように発展するか経済的観点から学ぶもので、地域研修といったプチ旅行のようなものがあります。実際に外に出て話を聞くといったフィールドワークが特徴です。その他にも経済学科のような経済の基礎知識なども学びます。経済学科より人気の高い学科です。

北海学園大学「経済学部」のリアルな就職先について

北海学園大学経済学部の就職先として多いのは、銀行系の会社です。主に北海道銀行に就職する人が多く次に北洋銀行といった具合に銀行は人気です。その他には道内企業に就職する人が多くニトリやセイコーマート、ホクレンといった道内転勤で治るところに就職する人がほとんどです。

全国転勤があるような会社に就職する人はあまり見かけませんでした。後は、公務員になる人も他の学部と比べても多いです。大学内では2番目に公務員への進学率が多く、その中でも札幌市役所への人気はとても高いものでした。他には国家公務員が人気で毎年多くの公務員を出しています。

優秀な人も残念な人も就職先にあまり差はなく基本みんな道内に落ち着ける企業を選ぶといった形が多く見られました。公務員になるためこの学部を選んだという人も多くいたため公務員への就職率は高かったです。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、北海学園大学「経済学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。

北海学園大学「経済学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひマイナビ進学で北海学園大学のパンフレットを請求してみて下さい。

北海学園大学のパンフレットを請求

関連記事
北海学園大学の全体的な評判

誹謗中傷と捉えたコメントのIPアドレスは全て記録しています

*
*
* (公開されません)